一般社団法人日本楽譜出版協会 [Japan Association of Music Publishing]

協会概要

会長挨拶

 日本楽譜出版協会は日本を代表する楽譜出版社の大半が加盟する業界団体です。楽譜出版社は作曲された作品を音楽表現の手段としてプロ、アマ、教育者を問わず楽器を演奏する演奏者に向けて出版し流通させる事業をしております。

 楽譜には音楽として実際に演奏するために欠かせない表記手段としての目的以外に広く音楽を伝達する手段としての目的や後世に音楽を残すという使命もあります。何世紀にもわたって名曲が今に甦るのはまさに楽譜があるからと言えます。演奏形態に合わせた作品を編曲し出版することで音楽は演奏形態を超えてあらゆる楽器構成で演奏として再現できるのも、楽譜が演奏家のニーズに応えることで音楽の感動や魅力を伝えていくことができる素晴らしいところです。

 紀元前3世紀には既に宗教音楽の楽譜が発見されています、もちろん近代印刷技術の開発により1500年代から楽譜印刷による出版社の活動が始まっております。 19世紀初頭までは音楽産業といえば楽譜出版であり、蓄音機が開発されるまでは楽譜が音楽産業の主役でした。 日本においても明治8年には法律によって楽譜版権が保護されているという記録があります、つまり日本でもレコード産業が出現するまでは楽譜出版が音楽業界の主役でした!
 現在の音楽産業の主役はもはや楽譜出版ではありませんが、音楽を演奏者に伝え音楽を表現し広く伝える手段としての楽譜の役割や重要性はいまでも不変です。 最新の楽譜出版事業環境としては、PCによる楽譜制作ソフトが発達して、作曲家や編曲家が作った譜面がPCソフトで印刷版下やマスターになる時代になってきました。 このようなPC版下が印刷原版となったり、配信マスターとなって楽譜集として印刷されたり、場合によってはネット配信されたりするようになってきました。 楽譜は古代から近代まで音楽の記録や演奏のために連綿として継続しており、世界の音楽文化の発展や普及に大きく貢献してきました。 楽譜出版産業は印刷出版テクノロジーと流通システムによる印刷複製時代の成熟と低迷から厳しい経営環境にありましたが、今このような環境から脱出できる新しいムーブメントを迎えつつあります。

 現代の楽譜出版社の新たな成長への転換点として、インターネット革命がデジタル社会及びネットワーク社会の著しい変革と成熟に大きな変化をもたらしています。 新しい時代の楽譜出版は印刷複製時代とは異なる形態の事業基盤を利用していくことになります。デジタル時代の楽譜出版事業基盤の整備が進み、楽譜事業環境としては①印刷による流通モデル、②電子出版による電子デバイスへの流通モデル、③プリントオンデマンドによる少部数出版流通モデルなどの各種ハイブリット出版事業基盤が整備されてきております。
 音楽市場はグローバルに進化しており、楽譜を必要とする顧客や市場にジャストインタイムで直接提供するテクノロジーをもとに効率よく提供する手段を楽譜出版社は獲得しております。楽譜事業の推進において経営効率のうえで最適化した、出版プラットフォームの選択で音楽を演奏する楽譜ニーズに応えるもっとも効果的な事業モデルをいろいろと選択できるようになりました。

 日本楽譜出版協会では日本の音楽文化と音楽産業を担う楽譜出版社が多数加盟しており、音楽の普及や保護そして市場の拡大にこれからも貢献いたします。 楽譜出版社及びに日本楽譜出版協会の活動に引き続きご支援ご指導賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人 日本楽譜出版協会
会長 佐々木 隆一

理事長挨拶

 歴史の教科書にはかならず掲載されている『銅鐸』は、中国から伝わった祭祀のための青銅器が起源といわれています。最近の研究では楽器として使われたことが確実で、各地の資料館・博物館などではデジタル技術を駆使して再現された音色を聞くことができるところも増えてきています。しかしやはり確かなことはわかっておらず、動物の骨で叩いたとき、金属の棒で叩いたときそれぞれで、音色の印象は全く別のものように感じます。私たちが音色とともに知りたいのは、当時その銅鐸がどんなメロディを奏でていたのか、それを人々がどんな思いで聞いていたのかという点です。はるか昔から人間は感情の自然な発露として、歌や楽器、舞踊を楽しみ、それを子孫に伝え続けてきました。民族固有の歴史は文字より先に語りとして、歌として、音楽として、踊りや芝居として人づてに伝えられた古き時代の名残をとどめてきました。しかし長い歳月の中で途絶えてしまったメロディを再び蘇らせることはできません。銅鐸がその美しい形状に比してどこか寂しげに見えるのは、伝えるべきメロディを失った楽器だからかも知れません。ただ人類は文字と楽譜の発明によって、地球上に生まれた音楽を民族や国境、時代を超えて、新たな感動とともに遥か先の世代にまで伝え続けることができるようになりました。
 現代の日本人がヨーロッパ古典音楽を自在に演奏することができるように、世界中の人も日本の伝統音楽を肌と耳で知ることができます。私たち楽譜出版社は音楽を楽譜の形で固定するとき、その曲がいつ、どこで、どのような人が、誰と、何のために歌われ、そして奏でられるのかをまず考え、さまざまな工夫を凝らして楽譜や音楽書籍を作ってきました。今日の日本の音楽文化の豊かさはこれまでの先達によって築かれた、「音楽を伝え、残す技術」である楽譜出版文化を豊かな土壌として、育まれてきたものであると思っています。今やデジタル技術の発展で地球上どれほど離れていても同じ音楽、演奏をともに楽しむことができるようになりました。また日本発信の新しい音楽が世界中に発信される時代です。

 2016年10月、日本楽譜出版協会は創設30周年を迎えます。加盟出版社は、変わらない音楽への愛情と新しい技術とで日本の音楽を次代へつないでいく重要な役割を果たしていきたいと決意を新たにしています。

一般社団法人 日本楽譜出版協会
理事長 堀家 康雄

| HOME | 最新情報 | 協会概要 | 協会の主張 | 活動内容 | 入会のご案内 | よくあるご質問 | お問い合わせ | アクセス |